【Report】Northeast Conference Round.2 KOBE

Text by Hiroyuki Ohashi

SEMI FINAL 1 BREX.EXE○ 20 - 17 ● TRYHOOP OKAYAMA.EXE
Round.1 FINALの再現はBREX.EXEに2度目の軍配があがった。立ち上がり、TRYHOOP OKAYAMA.EXEは比留木謙司(#33)や松本勤が外角を決めて、9-5と先行する。しかしBREX.EXEも眞庭城聖(#27)がドライブや、キックアウトパスを受けての2Pシュートを決めるなど、中盤に追い上げる。その後はクロスゲームとなり、残り2分をきってTRYHOOP OKAYAMA.EXEは比留木が2Pシュートを沈めて17-16と一時は勝ち越すが、BREX.EXEは落合知也(#91)、レイモンド・ニクソン(#0)の連続得点で再逆転。土壇場で底力を発揮して難敵に競り勝った。

SEMI FINAL 2 TACHIKAWA DICE.EXE ○ 20 - 16 ● SUNS.EXE
TACHIKAWA DICE.EXEがSUNS.EXEを破って初の決勝進出を決めた。開始早々、SUNS.EXEは柴田政勝(#27)がスピードにのったドライブで抜き去り先手を取る。その後、相手の高さを活かしたプレーに手を焼くが、再三に渡って中へ切れ込み、外角のマークが空けばパスをさばいて2Pシュートも狙うなど、中盤まで13-10と接戦を披露する。しかし対するTACHIKAWA DICE.EXEは、ルーク・エヴァンス(#3)の連続ショット、飯島章仁(#77)の外角で一気に引き離して勝負あり。その後はタイムアウトを挟みながら、相手の反撃を抑えて逃げ切った。

FINAL BREX.EXE ○ 21 - 18 ● TACHIKAWA DICE.EXE
グループ予選で19-16と大接戦だった両チームが、Round.2の優勝に手をかけて再び激突。初優勝を目指すTACHIKAWA DICE.EXEは中盤までにルカ・スノイ(#83)が4本の2Pシュートを沈め、ルーク・エヴァンス(#3)もペイントエリアで着実に得点。11-16と主導権を握って試合を進める。しかしBREX.EXEは落合知也(#91)のゴール下を皮切りに、永田晃司(#68)のドライブ、インサイドアウトからレイモンド・ニクソン(#0)が2Pシュートを決めるなど猛追。試合は、残り3分をきって18-18の同点。終盤は、BREX.EXEが体を張った守備で相手の攻撃を防ぎきり、落合(#91)がインサイドで押し込んで19-18とついに逆転!最後はファウルで得たフリースローを永田(#68)が2本とも沈めて、K.O勝ちを収めた。

■総評
開幕戦からの連勝を8にのばしてBREX.EXEが2連覇を達成! TACHIKAWA DICE.EXEやTRYHOOP OKAYAMA.EXEといった難敵に対して、序盤はビハインドを背負うが、勝負所でシュートを決めきる力とファウルをせずにしっかりと守り切る力で試合を制した。大会MVPは落合知也(#91)が受賞。「4試合を勝ち抜くことは相当タフですね」と開幕戦で語っていたが、今回の優勝でチームはまた一段と結束力を強めた。地元開催を控える「2016 FIBA 3x3 World Tour Utsunomiya Masters」の出場権獲得に向けて、着実に駒を進めた。一方、頂点まであと少しだったTACHIKAWA DICE.EXE。決勝では日本人選手のミスマッチを突かれて得点を許すシーンが目立った。ルカ・スノイ(#83)、ルーク・エヴァンス(#3)が強さを見せるだけに、初優勝にはチームの底上げが必要か。

#3x3PremierEXE #3x3exe #3x3 #NEWS #RESULTS