コートとボール

コートは横15m、縦11m
使用球は全カテゴリー6号ボール

選手登録

4名(出場選手3名+控え選手1名)

審判

1名もしくは2名

タイムアウト

1チーム1回(30秒)
※準決勝および決勝を除き、タイムアウトの使用は認めない。

ゲームの開始

コイン・トス(coin flip)またはじゃんけんによって決定
※コイン・トスまたはじゃんけんに勝ったチームが最初に攻撃側チームとなるか防御側チームとなるかを選択する。延長時には、ゲーム開始のときに防御側であったチームが延長開始時に攻撃側チームとなり開始する。

競技時間とゲームの勝敗(得点の上限)

試合時間は10分間の1ピリオド
競技時間が終了した時点で得点の多いチームが勝ち
※どちらかのチームが21点以上得点した場合,その時点で試合は終了となり,そのチームを勝ちとする。
※予選リーグから決勝トーナメント準々決勝戦まではゲームクロックを止めずおこなう。但し、残り1分からアウトオブバウンズ、ファウル、フリースロー時にはゲームクロックを止める。

延長

先に2点を得点したチームの勝ち(この場合21点ルールは適用にならない。)
※1分間のインターバルの後に延長をおこなう。

得点

ツー・ポイントラインの内側からのショットによるゴールは1点
ツー・ポイントラインの外側からのショットによるゴールは2点
フリースローによる得点は1点

ショットクロック

12秒

ショット動作中のファウルで与えられるフリースロー

ツー・ポイントラインの内側でのショット時のファウルは1回のフリースロー
ツー・ポイントラインの外側でのショット時のファウルは2回のフリースロー

チーム・ファウル制限

6回

過剰チーム・ファウルによる罰則(7~9回)

ショット時でないファウルであっても、ファウルを受けたチームはフリースロー2回与えられる。

過剰チーム・ファウルによる罰則(10回以上)

ショット時でないファウルであっても、ファウルを受けたチームはフリースロー2回与えられる。
さらに、フリースロー終了後、ボールの所有権も与えられる。

フィールドゴールが成功したときのボール所有権

攻守交替となり、守っていたチームがゲームを再開させる。
※あらたに攻撃側になったチームは、リングの下からドリブルあるいはパスによってボールを一度ツー・ポイント・ラインの外まで運ばなければならない。
あらたに防御側になったチームは、ボールが“ノー・チャージ・セミサークル”の外に出るまではボールに対してプレイをしてはならない。

ボールがデッドになったときのボール所有権

コート内のツー・ポイント・ライン外側の頂点付近で、攻守交替であらたに防御側になるチームのプレイヤーがあらたに攻撃側になるチームのプレイヤーに、
ボールをパスあるいはトスして渡し(“チェックボール”)ゲームを再開する。

防御側がリバウンド、スティールしたとき

ドリブルあるいはパスなどによって、ボールを一度ツー・ポイント・ラインの外まで運ばなければならない。

ジャンプ・ボール(ヘルドボール)のとき

攻守交替し、ゲームを再開する。

個人ファウルと退場

アンスポーツマンライク・ファウルを2回、または、ディスクォリファイリング・ファウルを宣されたプレイヤーは退場となる。

交代

ボールがデッドになったときに“チェックボール”前であればどちらのチームにも認められる。
※あらたにコートに入る交代要員は、コートから退いて交代要員となるコート内のプレイヤーがコートの外に出て“タッチ”等の身体接触をおこなってからゲームに参加できる。
その際にあらたにコートに入る交代要員は審判やTOに申し出たり報告したりする必要はない。

その他

※「2ポイントラインの外に出る」というのは、『左右どちらの足も2ポイントラインの内側についていない状態』を指す。
※上記競技規則は3×3ルールを分かり易く要約したものであり、競技規則は2014年1月 FIBA3x3競技規則に準ずるものとする。